走塁ランナーコーチ上達革命の目標としているもの

走塁ランナーコーチ上達革命の目標は、こんな走塁が出来るようになる事です。

走塁ランナーコーチとして必要な5ポイント

走塁ランナーコーチとして必要な事は、次の5点になります。

①毎日の練習にランナーコーチを主軸に走塁練習するようにしていく。

②また、ランナーコーチが指示するパターンを増やしていく。

③走塁の合図となる「ストップ」「ゴー」の声掛けなどを今まで以上に練習していく。

④本当の試合を通じての体験を積み重ねながら、得点出来そうな場面を想定した練習を繰り返していく。

⑤ベースランニングで一番無駄なく走れるように練習していく。

などだけでは、走塁の技術的な上手さまで指導したい走塁ランナーコーチとしては不十分です。

では、どうしたらよいのでしょうか  走塁ランナーコーチ上達革命

走塁ランナーコーチの評判

走塁ランナーコーチの評判をご紹介します。

一塁コーチの判断がとても明確になりました。
二塁打になるのが難しいかなと思えるような打球でも上手に2ベースヒットに出来るようになりました。
さらに、打者走者が二塁でアウトになることもなくなり、一塁コーチャーとしてシッカリと指示出来るようになりました。

三塁コーチャーとして勝てるチームになれました。
一塁ランナーがいる時にヒットが出た場合の対応が非常に上達しました。
また、ホームを狙えるか否かについて、クッションボールの判断も的確になり、
効率的にホームに戻す走塁が出来るようになりました。
相手チームの外野からの中継ボールの流れも上手に予想出来るようになり的確な進塁の指示が出せるようになります。

走塁コーチとしての役割が自信をもって出来るようになる。
ヒットで出塁したあとも、積極的に盗塁が成功する確率が高くなり相手のチームや投手にプレッシャーになります。
打球の行方に合わせたり、相手チームの守備位置を確認しながら、自信を持って走塁指示が出来るようになりました。
ベースランニングの無駄がなくなります。

続きはコチラ  走塁ランナーコーチ上達革命

実際の試合で出来るようになる

スライディングを上手に選手に教えられるようになり、スムーズに練習が捗るようになりました。

たとえ、投手戦になっても数少ない出塁したランナーを牽制球でアウトにされる事もなくなりました。

走塁ミス自体が少なくなり、ランナーが塁間で挟まれてアウトになることもなくなりました。

走塁が上手くなったので、今までならホームを狙えないらうな状況でも得点出来るようになりました。

走塁に関して市販の書籍を読んで理解しきれない事も、練習で出来るようになり、実際の試合でも出来るようになります。

続きはコチラ  走塁ランナーコーチ上達革命